6つの係数でライフプラン


終価係数

係数を表示
  金融資産を複利運用する時に使う係数。 現在保有する金融資産を何%で運用すれば目標額に到達するかが分かります。
  【計算例】 終価係数
  100万円の資金を年1%で10年間、複利運用した場合の金額は?
   100万円×1.105=110.5万円



現価係数

係数を表示
  将来の目標額から現在必要とする金額を割り出す係数(終価係数と逆の考え方)。 現在の必要資金額がわかると手持ちの資金と比較して余裕があれば少し消費に回すというようなことができます。
  【計算例】 現価係数
  10年後に500万円が必要な場合、年1%で複利運用することを前提とするといくらあればいい?
 500万円×0.9053=452万6500円



資本回収係数

係数を表示
  金融資産を長期に取り崩す時に使う係数。 退職金や預貯金を老後の年金として受け取る際などに使えて便利です。
  【計算例】 資本回収係数
  2,000万円の退職金を年3%で複利運用しながら20年間で年金として取り崩していくと、毎年の受取額はいくらか?
  2,000万円×0.06722=134万4400円



年金現価係数

係数を表示
  老後の生活資金の計算等に便利です。 将来の必要額が決まっている時に、現在必要な資金を計算します。
  【計算例】 年金現価係数
  年間 120 万円を 20 年間受取るために必要な資金はいくら? 運用は年 3 %複利とする。
120 万円 ×14.877 = 1785 万 2,400 円



年金終価係数

係数を表示
  将来の目標額を算出する際に使います。 具体的には、結婚資金、教育資金、老後資金などの設計に便利です。
  【計算例】 年金終価係数
  毎年50万円づつ積立てて年3%で複利運用すると、10年後にはいくらになるか?
  50万円×11.464(年金終価係数)=5,732,000円



減債基金係数

係数を表示
  目標額を設定して毎月(毎年)いくら積立てればいいのかを計算するときに使います。
  【計算例】 減債基金係数
  20年間で500万円貯めたい。年3%で複利運用するとしたら、毎年いくら積立てたらよいか?
  500万円×0.03722(減債基金係数)=186,100円


▲top▲